ホーム | 区議会ってなんだろう? | 活動スケジュール | 私の主張 | 丸山通信 | 丸山議長館 | プロフィール | リンク


江東区役所を視察しました

 8月28日(水)江東区役所を視察しました。本庁舎は昭和48年に建設され、耐震補強工事として、中間階免震工法を採用して、本年3月に完成したものです。 庁舎1階部分の95本ある柱の全てを上部で切断し、免震装置を取り付け、躯体の強度を向上させたものです。経費は、約19億円で工期は約17ヶ月とのことでした。 尚、それでもコンクリートの寿命は伸ばすことが出来ず、10年後には更新時期を迎えるとのことでした。本区での耐震問題の解消に大いに参考となりました。
丸山 たかし







江東区議会本会議場


説明聴取を受けています


免震装置を取り付けた柱


オイルダンパーを取り付け最大50センチの揺れを吸収します


オイルダンパーを取り付け最大50センチの揺れを吸収します


配管も可動域を持たせています


庁舎全景


階段手すりも可動域を持たせています




もどる
© Takashi Maruyama